1: 名無し
公開日:2017年10月2日 13:00
電撃ホビー編集部

バンダイは、バンダイナムコグループが取り組むITエンターテインメントサービスブランド「BN・Bot PROJECT(ビーエヌボットプロジェクト)」の第1弾商品として、
「ガンシェルジュ ハロ」(価格未定、2018年発売予定)を、2017年10月3日(火)~6日(金)に開催される
「CEATEC JAPAN 2017(シーテック ジャパン 2017)」(幕張メッセ国際展示ホール4 主催者特別企画展示「IoTタウン2017」内)に参考出展します。

「ガンシェルジュ ハロ」は、アニメ『機動戦士ガンダム』の話題を語り合うことができるAI(人工知能)搭載の対話型コミュニケーションロボットです。
※「ガンシェルジュ」は“ガンダム”と“コンシェルジュ”の造語です。

「ガンシェルジュ ハロ」はアニメ『機動戦士ガンダム』に登場するマスコットロボット「ハロ」が“もし現代に存在していたら”をテーマに開発された、
アニメ『機動戦士ガンダム』の知識を豊富に持った、AI(人工知能)搭載の対話型コミュニケーションロボットです。
最大の特徴はキャラクターの世界観に特化した楽しい会話を生み出すところで、ユーザーの発言を音声認識し、AIで意味と意図を分析。
データベースから最適な会話をハロの声で返してくれるので、キャラクターや台詞、忘れられないシーンなど、作品にまつわるさまざまな会話を楽しめます。

【「BN・Bot PROJECT」とは】
バンダイナムコグループ各社で培った技術や知識の活用、他企業との協業などにより、ロボットをはじめ、IoT技術を活用したサービスを提供するグループ横断の取り組みです。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

http://hobby.dengeki.com/news/460529/

2: 名無し
スケジュール管理してくれたり
出張や旅行のチケットや宿泊予約をしてくれたり

そんな機能がついたら手放せんな

3: 名無し
さっきニュースでやってたパナソニックの奴の方が
なんかハロっぽかったぞ

4: 名無し
アムロ元気ナイ、アムロ元気ナイ・・・(´・ω・`)
5: 名無し
クラウドにAIの本体据えとけば
wifi環境下ならかなりの発展性がある。
これはペッパーにも言える事だが。

6: 名無し
脳波レベルの低下ぐらい言ってくれないとなぁ (´・ω・`)

7: 名無し
最近のスマホやBTスピーカーとかを考えると、ただの盗聴盗撮Wifi傍受その他のための
機器にしか見えん。
通信に頼らない完全独立型AIだと、それはそれですごくしょぼそうだけど。

8: 名無し
どちらかというと、タチコマの方がほしい、

9: 名無し
>>8
タチコマも出たよな
結構な値段だったはず

10: 名無し
飛ばないハロなんてただのボールじゃないか

11: 名無し
今朝のNHKニュースで紹介してたあれかよ……

12: 名無し
色が濃いな
ザクかよ

13: 名無し
声誰?

14: 名無し
ハロは新井さんバージョンがいいなぁ
センサー内蔵で顔識別機能付きで防犯用自動録画(データはネット転送)出来たらバカ売れする

15: 名無し
手足付けろよ。

16: 名無し
お台場のユニコーンを動かせるのか!?

コメント投稿

コメントする
名前
コメント