1:名無し
よく実体弾と区別されるけれど
ビームだって粒子を飛ばしているわけだから実体がないわけじゃない
実体弾無効とかビーム無効とかどう区別されてるんだろう
ガンダムのビーム兵器は光子力ビームとかゲッタービームとかの謎ビームと区別されるべきだと思うんだけれど
ザクマシンガンとガンダムのビームライフルの威力差ってどんなものなんだろう?
2:名無し
>1
メガ粒子ってビームライフルの射出速度ぐらいでダメージ与えられるぐらいの質量持ってるの?
3:名無し
ビーム兵器は熱量的な威力って印象強いなぁ
ビームサーベルある世界だからビームを弾丸みたいにして撃つ銃とかも作れるのかな?
(意味はあまりないが)
4:名無し
>3
78のE-CAP式ライフルやウイングのバスターライフルがそういうもんじゃないの
先に弾(エネルギー)を詰めといて一定数だけ撃てるってヤツ

ビーム封じ込め技術の事なら
サーベルやビームシールド投げた状態がソレだけど
普通に撃つより遅い
5:名無し
一応突っ込んでおくけどビームってのは直進するものの総称だから
レーザーもビームの一種
6:名無し
>5
その昔イチローで知った・・・
正しくは指向性の高い波の束みたいなややこしいもんだっけ?
7:名無し
わかっていない人がいるみたいだから一応補足
ここで言っているのはメガ粒子砲などの荷電粒子砲の事ね
ビーム全体については言及していないので注意
8:名無し
>7
メガ粒子砲は荷電粒子砲じゃないよ
9:名無し
>8
じゃあ何で光ってるのという事は聞いてはいけないんだろうな
メガ粒子は電気的に中性の素粒子なので光らない

メガ粒子砲設定以前の重金属をレーザーで叩いてプラズマ化してそれを磁気で飛ばすのは光る
電荷を持っている粒子だからね
10:名無し
>9
アニメだからでしょ。真面目に。
11:名無し
>9
この手のSF兵器の表現が「光線」なのはぶっちゃけ初代ビーム兵器であるレーザービームのパクリ…ゲフンゲフンオマージュだから
なので陽電子砲もブラスターもフェイザーもショックカノンもディスラプターも冷凍光線も全部「ビーム的表現」にする
要するにお約束ってやつだ
12:名無し
>9
林譲二先生のイグルーノベライズ版で「外れた時にどこ撃ったかわからないと修正しずらいから」ってこじ付けてた。
13:名無し
>12
こじ付けと言うか曳光弾はまさにその為にあるやん
14:名無し
「拡散ビーム砲」「拡散メガ粒子砲」を装備してるのは
ザクレロとドム、ゴッグぐらいか…運用にも共通点が見出しにくいな
15:名無し
>14
サイコガンダム、パラスアテネ
探せばもっといるだろ
16:名無し
個人的には、0083のゲルググMとゼフィランサスの戦闘の描写かな。
確実に削っていくけど一撃で落とすには至らない感じ。
17:名無し
基本的には本体に固定だから拡散させて命中率あげようって兵器じゃねどれも
18:名無し
ビーム兵器の適正な威力っつーと難しいな
普通の兵器では着弾まで時間がかかりすぎて使い物にならないからやむを得ずビーム兵器を使うってぐらいって程度のものな気がする
19:名無し

ガンダムビームってメガ粒子設定と重金属設定があるよね
あと、光速設定とあんまり早くない設定とあるし
今の設定はどうなってるんだろうね?∀で劇中で重金属を明言してしまってるし

レーザーはカプセルボートが装備してるんだよね、他は知らないけど
20:名無し
>19
すまぬカツ見て笑ってしまった
21:名無し
>19
現在では、ガンダム世界のビームって全部ミノフスキー粒子をどうにかして作ったメガ粒子という設定なんだっけか
これとかエネルギーCAPとか全部放映終了後の後付け設定で

ファースト作中で「メガ粒子砲」と明言されているのはホワイトベース側面居住ブロックの中心からせり出す砲だけだったと思う
「戦艦並みのビーム砲」というシャアの台詞があるのだから一般的な戦艦にもビーム砲は搭載されていたはずだがそれがメガ粒子砲とどう違うのかは不明
当時の制作陣の設定考証としてはビーム=荷電粒子砲のつもりだったわけで
もしかすると「メガ粒子砲」は架空の「メガ粒子」を射出する砲ではなく単にでかい荷電粒子砲とかすごい荷電粒子砲のつもりだった可能性があるのではないか
後の「メガビームライフル」とかの例もあるし
22:名無し
>21

劇中で「メガ粒子砲」という名前が出てきたのは、テレビ第2話のこのムサイの場面が最初だったと思います
ドレンの「機関始動、推力3%、メガ粒子砲スタンバイ、目標、サイド7のスペースゲート。ただし、ドッキング・ベイへの直撃は避ける」というセリフの直後に、発砲描写があります

なお、ファーストの劇中でメガ粒子砲は「ビーム砲」「メガ砲」「メガビーム砲」とも呼ばれ、ホワイトベースのそれがメガ粒子砲と呼ばれるシーンは第32話が最初だったかも(第3話ではビーム砲と呼称)
23:名無し
>22
おお、詳しいチェックありがとうございます
こちらの記憶違いで、ファースト作中ですでに「ビーム砲」=「メガ粒子砲」だったわけですね

作中で艦砲はシーンごとに作画にばらつきがあってビームなのか実弾なのかよくわからないことが多い
ですが(たぶんきちんと設定されてなそう)ムサイの主砲はビーム砲なんですね
24:名無し
後付設定がどんどん増えていくので映像で語られてのが真実と割り切っている
25:名無し
>24
作品単体を見る時にはそれが一番ちゃんと楽しめると思う
26:名無し
あくまで俺の中でのイメージなんだがbr /> メガ粒子砲やビームサーベルってのは超熱々(プラズマ化)にした鉄粉(メガ粒子)を磁力の力で撃ち出したりサーベール状に形成したものbr /> その熱エネルギーで対象を破壊するbr /> Iフィールドはより強い磁界でメガ粒子を霧散させる防御兵器br /> ってな感じでイメージしてた
27:名無し
ビームサーベルに限ってはビームを固形化させているんだって解釈しないと無理がある描写もあるよね。
28:名無し
>27
そもそも第一話のザク串刺しも本来ならザクの慣性と自重で刺したところから溶断されていくはず
29:名無し
>27,28
仮に実剣で刺してもああはいかんよね
封じ込めフィールドの謎作用で浮遊状態になったとかじゃないと
30:名無し
ビームサーベルを形成するIフィールドが反発するから鍔迫り合いが出来る←まぁわかる
試作2号機がサーベルの出力を上げると鍔迫り合いが優勢に傾く←???

宙域でお互いに反発する棒を持って押し合ってるのにサーベルの出力関係あるの?
31:名無し
>30
F=q1q2/r^2
反発力は二つの粒子の電荷に比例して距離の事情に反比例する
よって片方の出力が増えるとその上昇に比例して反発力も増える
一方F=maなので同じ力が二物体間にかかった場合、加速度は質量に反比例する

結果、いきなりサーベルの出力(メガ粒子の量やそれにかかる電荷)が増えた場合、増えてない方がより強く押されて下がる

……かどうかは知らない
32:名無し
そういやUCでコロニーレーザーが地球に沿ってちゃんと曲がって進んでるの見て感心してしまった
33:名無し
日本のアニメにおいてビームとは透過光の事です

コメント一覧

    • 1.名無しのパイロット
    • 2017年12月27日 03時46分48秒
    • ID:f42de3de08
    • 逆張りガイジ小川無駄設定
    • 2.名無しのパイロット
    • 2017年12月27日 12時07分31秒
    • ID:3a6ce65f6e
    • つまり、ドッズライフルなら鉄血のモビルスーツなど貫けるって事じゃねえの?従来型がきかなかったから新型機ライフルが作られたんだし、SEED系からAGE系って
    • 3.名無しのパイロット
    • 2017年12月27日 18時52分39秒
    • ID:15bd003789
    • キッズは実弾は物理属性ビームは魔法属性みたいに思っているよ

コメント投稿

コメントする
名前
コメント